太陽光発電を導入する人が増えています。その魅力と理由が全てわかります!

太陽光発電の魅力とメリット、ご存知ですか!? TOP

太陽光発電の魅力とは

今、太陽光発電システムを取り入れる人が増えています。ただ、詳しい情報を知る機会があまりないために、不安を解消することができず、導入に踏み切れない人が多くいるようです。そこで、このサイトでは、太陽光発電の仕組みやメリットを知ることで、安心して導入の決断ができるよう、詳細についてご紹介しています。

一番の魅力は、太陽光という自然エネルギーを使用するので、経済的であるということ。日中、自家発電した電気を利用するため、消費する総電力の、なんと約80%以上を発電することができ、電気代が節約できるのです。これはかなりお得ですよね。それに、使わなかった分は、電力会社に売電するため、無駄がないのです。

また、二酸化炭素(CO2)の排出や石油の削減が可能なので、エコに貢献することもできます。

さらに、設置の際、オール電化にすれば、火を使わない生活が実現します。部屋の空気が汚れないので清潔を保つことができ、快適に過ごすことができますし、お年寄りがいても、安心した生活が送れるのです。

いかがですか、これだけ経済的で、地球に、環境にやさしい太陽光発電を利用しないのはとてももったいないことだといえるでしょう。今、導入に悩んでいる皆様に、太陽光発電の全てを知っていただきたいと思います。


太陽光発電の設置の流れは?

太陽光発電を設置するにあたり、どのメーカーのものを、どの販売店に頼むのかについて検討しなければなりません。まずは、現地調査や聞き取りにより、見積りや設計プラン取って販売店を決定する必要があります。よく話しを聞いて、もっとも信頼できる販売店に依頼しましょう。

正式な注文・契約が行われたあと、電力会社に系統連系(電力会社の送電システムに太陽光発電システムをつなぐこと)の申込みを行います。その後工事着工 ⇒ 竣工・検査・引渡し ⇒ 売電の契約締結・系統連系 と進みます。設置したあとは、通常は点検やアフターフォローが行われます。このアフターフォローがしっかりしている販売店を選ぶことが大切です。


太陽光発電の仕組み

太陽光発電が、太陽光を電気に変換してくれるというのは皆さんご存知だと思いますが、その仕組みまではわからないことと思います。太陽光のメリットデメリットをしっかり理解するためにも、まずは簡単に仕組みを把握しましょう。

太陽電池が、太陽光エネルギーをまず電気に変換し、その直流電力を交流電力に変換する必要があります。ちなみに直流電力というのは、電圧が一定で、方向が変化しない電流のことで、乾電池、そしてACアダプター、携帯電話の充電器などから取得できます。一方、交流電力は、電圧の極性、電流の方向、ともに一定周期で交互に変化する電流のことで、普段私たちが使用している家庭用100Vのコンセントから取得しています。太陽光発電に於いては、パワーコンディショナーが電力会社と同様に、直流電力を交流電力に変換したうえで、家庭内のあちらこちらに電気を供給するのです。

このとき、一般で使用されている太陽光発電システム(系統連系方式)は、電力会社とつながっている配電線を通して、使いきれなかった電力を送電し、電力会社に売電する仕組みになっています。また、もし天候が悪いために太陽光での発電が不足したような場合、そして夜間の発電できない時間帯は、この配電線から電力会社の電力を購入することができるのです。このように、一日中電気を使用できる仕組みになっているため、安心して導入することが可能です。

なお、この電力会社とのやりとりは、全て自動的に行われる仕組みになっているので、人が操作する必要は一切ありません。設置が済めば、あとは安心した楽な生活が待っています。いかがですか?興味を持たれた方は、ぜひ、他のページもご覧になってください。太陽光発電の魅力について、更に掘り下げてご紹介しています。

これら太陽光発電に関する情報は「太陽光発電のXSOL(エクソル)」により詳しく書かれています。

 

TOPページはこちら